「アイーダ」(キエフ・オペラ)を観てきた。キエフ・オペラは旧ソ連から独立したウクライナにあるオペラ劇場。久しぶりの生のオペラだったので、何か忘れかけていたものを思い出したかのような新鮮さを覚えた。ちなみに最上段、最後列の一番安い席で観たが声もオケの響きも申し分ない。
東欧系のオペラ劇場の上演は西欧のオペラ劇場と比べてもチケット代ほどの実力の差はないと思う。違うのは貧弱な舞台セットとスター歌手を呼べないことか。まぁ、贅沢さを求めるならこれが重要という人もいるだろうけど。
この日のキャストでは、アムネリスのメゾ(アッラ・ボズニャーク)とタイトルロールのアイーダのソプラノ(リュドミラ・モナスティルスカ)が素晴らしい。このソプラノは美しさと力強さを併せ持っている。ラダメスは難しいんでしょうね、西欧のオペラ劇場でも歌っているらしいゲスト・テノールを配していたけれども、もう少し華やかで高々しい声が欲しい・・格別感動と言うには至らなかった。

ところで、先日観劇した市民ミュージカル「王様と私」はとても良い出来でミュージカルの楽しさを教えてくれたけど、今日オペラを観て思ったことは「オペラはオペラ、ミュージカルはミュージカル」

Jessye Norman : Schumann

user-pic
0

Norman_Schumann600.jpg全く素晴らしいの一語に尽きる。大木正純氏の文章を引用しておこう・・・「ノーマンの歌はきき手を大きく包み込み、あるいは呪縛するような、比類ないスケールと独特の包容力を持っている。深く柔らかな呼吸、ほれぼれとするほどの美しく豊かな声、そのビロードのようなつやと恐るべきなめらかさ、そしてその声を完璧にコントロールする技巧の強さ。およそ歌手として、望みうる最高の資質を備えた人と言ってよい。」

女の愛と生涯 作品42
Frauenliebe und Leben, Op.42

リーダークライス 作品39
Liederkreis, Op.39


JESSYE NORMAN, soprano
IRWIN GAGE, piano

録音:1975年、オランダ
PHILIPS PHCP-3622

Kirkby-Handel-Italian600.jpgカークビーの声は現在も健在だがこのCDは1984年の録音。当然だが清らか、かつ瑞々しさはすぐにカークビーの声とわかるもの。今ではルネサンス、バロック音楽の演奏も成熟してこれらを得意とする歌手も多くなったが、カークビーの価値は依然変わらない。
このCDに収録されたカンタータは、いずれもヘンデル(1685-1759)のイタリア期(1706-1710)に作曲されたもので、教会カンタータではなく貴族のサロンで演奏されたもので歌詞にも宗教色はない。また、のちにオペラに転用された曲も多い。


"TU FEDEL? TU COSTANTE?"
Sonata
Tu fedel? tu costante? Ah! non è vero
Cento belle ami, Fileno
L'occhio nero vivace di Filli a te dà pena
Se Licori, Filli ed io
Ma, se non hai più d'un sol cuore in petto
Sì, crudel, ti lascierò

"MI PALPITA IL COR"
Mi palpita il cor, nè intendo perchè
Ho tanti affanni in petto
Clori, di te mi lagno
S'un di m'adora la mia crudele

"ALPESTRE MONTE"
Alpestre monte e solitaria selva
Io so ben ch'il vostro orrore
Quindi men vengo a voi per cercar morte
Almen dopo il fato mio

"TRA LE FIAMME"
Tra le fiamme tu scherzi per gioco
Dedalo già le fortunate penne
Pien di nuovo e bel diletto
Sì, sì, purtroppo è vero
Voli per l'aria chi può volare
L'uomo che nacque per salire al Cielo
Tra le fiamme tu scherzi per gioco


ACADEMY OF ANCIENT MUSIC
direkted by CHRISTOPHER HOGWOOD (Harpsichord)
Recording Date: December 1984

L'OISEAU-LYRE 414 473-2
ポリドール F35-50289

Kozena_Handel600.jpgコジェナーはいい声ですね。このCDのヘンデルはすべての収録曲を通してとても美しく聴かせる。タイトル曲の "Ah! mio cor" の前半部のような緩やかな曲想では感情を込めて深く丁寧に。アクロバティックな曲では技巧をそれと見せないように極力さらりと聴かせる・・・これは卓抜したテクニックですね。

Alcina, HWV 34 - Ah! Mio Cor! Schernito Sei!
Hercules, HWV 60 - Where Shall I Fly?
Agrippina, HWV 6 - Pensieri, Voi Mi Tormentate
Giulio Cesare, HWV 17 - Cara Speme, Questo Core Tu Comincia Lusingar
Joshua, HWV 64 - Oh! Had I Jubal's Lyre
Ariodante, HWV 33 - Scherza Infida In Grembo Al Drudo
Theodora, HWV 68 - O Thou Bright Sun ... With Darkness Deep
Amadigi Di Gaula, HWV 11 - Desterò Dall'Empia Dite
Orlando, HWV 31 - Ah! Stigie Larve! ... Già Latra Cerbero
Ariodante, HWV 33 - Dopo Notte, Atra E Funesta
Rinaldo, HWV 7 - Act 2: Lascia Ch'Io Pianga


Magdalena Kožená: mezzo-soprano
VENICE BAROQUE ORCHESTRA / ANDREA MARCON

Recording: Toblach, Kulturzentrum Grand Hotel,
Gustav Mahler Saal, 3/2006

ARCHIV 477 6547 (ユニバーサル UCCA-1077)

2016年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ