阪本清香リサイタル

user-pic
0

6月6日、阪本清香リサイタルを聴きに行った。
前日にたまたまネットでコンサート情報を見つけてちょっと気にかかったので。
http://kiyoka.seesaa.net/

すばらしい声のソプラノでした。強声も高声も貧弱さがなく良い声を保っている。ソットヴォーチェでの声の表現も巧みで感心しました。ドニゼッティ2曲(ルチア、アディーナ)がはまっていて、この人にはベルカントものがいいんじゃないでしょうか。また、アンコールのトスカも本人がラストの曲に選ぶだけあって感動的でした。この人はリリコ・スピントなの?

そこで、夜の女王とオランピアがなぜプログラムに入っているのか疑問が湧いてくるのです。好きな曲や難曲を歌ってみたいというのが歌手の心理なのでしょうか。夜の女王は破綻しないものの余裕が感じられず、オランピアは最初から歯切れが悪く音も不正確で残念でした。良い声を持っているのだから、コロラトゥーラに色気を出さないで自分の土俵で勝負すべきでした。
また、ゲストのバリトンはドニゼッティの二重唱あたりからレチタティーヴォの音程が危うかったのですが、アンコールの魔笛の二重唱ではパパゲーナの声に引きずられてしまいました。レポレッロとバルトロだけ歌って「ゲスト」に徹していれば良かったですね。

昨夜のリサイタルは、阪本清香はとても良い声と表現力を持ったソプラノだけど、選曲に問題があったようです。

あとで彼女の動画を見つけました。素晴らしいマクベス夫人です。こんなに感動を与えることのできる歌があるのに、どうして敢えてオランピアを歌う必要があるのか理解に苦しみます・・・僕はどっちかというと宝石の歌が聴きたかったかも(笑)

YouTube - Vieni t'affretta! Lady Macbeth はやく、戻ってきて。マクベス夫人のアリア

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.inabaya.jp/main/mt-tb.cgi/304

このブログ記事について

このページは、mulinが2009年6月 7日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Marilyn Horne French and Spanish Songs」です。

次のブログ記事は「The Great American Songbook (Marilyn Horne)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ