R.Strauss: Die Schweigsame Frau (Böhm)

user-pic
0

SchweigsameFrau-Bohm600.jpg「無口な女」は聴けば聴くほどに味が出てくる、スルメみたいなオペラだ。ストーリーはどうしたわけかドン・パスクワーレそっくり。違うのはモロズスがドン・パスクワーレのように若い嫁が欲しいわけではなく、ただ、やかましくなく物静かな女(無口な女)がどこにもいないと嘆いていることだ。しかし2つのオペラの筋書きは大まかには同じだ。

すべて(無口な女との偽りの結婚)が茶番だとわかったとき、Morosusの所作はフィガロの結婚の伯爵の心境とも重なる。または、ばらの騎士のオックス。むろんモロズスはそんなに邪な思惑があったわけではないのだが・・・
劇中の喧噪は、シュトラウスがこういうのが好きなんだろうなと思わせるものだ。

ハンス・ホッターはワーグナーのイメージがどうしても強いがブッフォも見事だ。ヒルデ・ギューデンは可憐で好ましい。ヴンダーリヒの美声は素晴らしい。ヘルマン・プライは理髪師の役なので台詞ばかりで歌う機会がほとんどないのが勿体ない。


DIE SCHWEIGSAME FRAU

Sir Morosusu . . . Hans Hotter
Seine Haushälterin . . . Georgine von Milinkovic
Der Barbier . . . Hermann Prey
Henry Morosus . . . Fritz Wunderlich
Aminta, seine Frau . . . Hilde Güden
Isotta . . . Pierette Alarie
Carlotta . . . Hetty Plümacher
Morbio . . . Josef Knapp
Vanuzzi . . . Karl Dönch
Farfallo . . . Alois Pernerstorfer

Chor der Wiener Staatsoper, Wiener Philharmoniker
Karl Böhm

Registrazione dal vivo, 8.8.1959, Salzburg Festival
MELODRAM MEL27071

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.inabaya.jp/main/mt-tb.cgi/316

このブログ記事について

このページは、mulinが2009年7月22日 00:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「R.Strauss: Capriccio (Böhm)」です。

次のブログ記事は「R.Strauss: Die Schweigsame Frau (Sawallisch)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2012年12月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ